第6話:教授は生徒に借りがある $26.6M

企業秘密を盗んだとして元大学院生を$849万ドルの損害賠償で訴えたが、敗訴して$2660万ドルを支払わなければならなくなった場合を想像してみてほしい。シグマ・ファーマ・ラボラトリーズ対元従業員訴訟は、非常に珍しいケースであり、起業時の出資約束から従業員が同様の技術に携わるために退職することまで、幅広い問題に触れている。このような事実パターンを持つケースはあまり見られない!

追加情報
https://www.proskauerontradesecrets.com/2024/05/employee-mobility-and-trade-secrets-in-the-golden-era-of-life-sciences-innovation/

https://www.law.com/thelegalintelligencer/2024/05/06/group-of-fired-scientists-win-26-6m-bucks-county-verdict-on-counterclaims-against-ex-employer/

エピソード5:企業秘密の三角関係 - ボーイングはズーナムに$72Mの借りがある

ズナムは完璧なパートナーを得たと思っていた。ボーイングは彼らを騙して別れさせた。

TimとChrisは、営業秘密の不正流用に関する請求で総額$81.2百万ドル、不法妨害でさらに$11.6百万ドルを獲得した最近のZunum社の判決について解説した。陪審はまた、Zunum社が約$2,080万ドルの損害賠償を軽減することができなかったと判断し、総額は約$7,200万ドルに減額された。

グーグル・スカラーでの事例を紹介しよう:
https://scholar.google.com/scholar?scidkt=984552710791829331&as_sdt=2&hl=en

さらに読む:

https://www.iam-media.com/trade-secrets/article/partners-rivals-collaboration-contamination-perils-in-zunum-v-boeing

https://irwinip.com/2024/06/the-pitfalls-of-proprietary-information-boeing-hit-with-72m-trade-secrets-verdict/

第4話:ITCにおけるサムスンBOEの営業秘密事件

ティムとクリスは、米国への商品の輸入を阻止する方法として、営業秘密の所有者がITC(国際貿易委員会)を利用する方法について議論する。これは、州裁判所や連邦裁判所での従来の訴訟とはまったく異なる、興味深い選択肢である。

第3話:FTCによる競業避止義務の禁止をめぐる争い

ティムとクリスは、FTC後の闘いと、競業避止義務の禁止を覆そうとしている3つの事件に焦点を当てる。 また、2人の元従業員が企業秘密を盗んだとして訴えられているジェーン・ストリート対ミレニアム・マネジメント事件についても取り上げる。

エピソード1:すべての道はインドに通じる

ティムとクリスは、元幹部数名に対するプリントロン・テクノロジーズの企業秘密横領事件と、クリスが最近インドを訪れ、投資家でありパートナーでもあるウィプロとそのリーガル・サービス・チームと過ごしたことについて話している。

keyboard_arrow_up